こんなご時世だからこそ「遠隔治療」という選択肢も

「新型コロナウイルスの感染が広がる中・・・」

報道で連日のように聞くフレーズですが

ヒトやモノに対する接触にも

ナーバスになっていませんか?

 

最近では

「濃厚接触(のうこうせっしょく)」

という言葉もよく耳にすると思います。

 

定義を確認したのですが

「2メートル以内で30分以上会話を行なうこと」

 

・・・・・・

 

治療院での施術は

「超」濃厚接触じゃないですか!!

 

当院では消毒や消耗品のマメな交換など

できる限り万全の体制を整えていて

施術も絶賛受け入れ中ですが、

慎重になっている方がいるのもまた事実。

 

そこで

今回は少し切り口を変えて

「遠隔治療」

をテーマに少しお話しします。

1 「遠隔治療」とは?

 

医師と患者が距離を隔てたところで

インターネットなどの通信技術を用いて

診療を行う行為のことで、

一般的には過疎の村や離島など

医師がいない地域向けの医療を

思い浮かべるのではないでしょうか?

 

そちらは解釈でいうと

「西洋医学的遠隔治療」

 

今回フォーカスを当てたいのは

「東洋医学的遠隔治療」

 

専門家はいろいろと突っ込みどころが

満載かとは思いますが

ユルく見ていただけると幸いです。

 

2 東洋医学は正式な治療法?

 

WHO(世界保健機関)は2018年に

「漢方などの東洋医学を正式に医学として認定する」

と発表した。

 

ということはですよ・・・

 

今までオフィシャルでは「正式な医学」として

認められてなかったということですよね。

 

私自身、柔道整復師として

東洋医学に従事してきた立場としては

すこし悲しい事実でもあります。

 

3 濃厚接触を避ける治療法

 

それは何かというと・・・

 

「触覚」を除いた

聴覚・視覚・嗅覚・味覚の

「四感」に訴えかける方法です。

 

これらは人体の感覚を通じて

脳に伝えられます。

 

いくつかご紹介します。

4 具体例

音楽療法

音楽を聞いたり演奏したりする際の

生理的・心理的・社会的な効果を応用して

心身の健康の回復、向上をはかる事を目的とする

健康法ないし代替医療

 

アロマテラピー

一般的には、精油、または精油の芳香や

植物に由来する芳香を用いて

病気や外傷の治療、病気の予防

心身の健康やリラクゼーション

ストレスの解消などを目的とする療法のことで

芳香療法、香料治療とも言われている。

 

カラーセラピー

色の生理的、心理的効果を活用して

心身のバランスを整える色彩療法のこと

選ぶ配色などによって本質的な性格、人間関係

心身の状態、表現したい自分がわかるとのことで

さまざまな分野で取り入れられている。

 

波動療法

一見すると「オカルト」とも

捉えられかねない分野ですが

日夜熱心に取り組んでいる施術家や

通っているクライアントさんもいらっしゃるので

なるべく客観的な視点からご紹介します。

 

物質をどんどん細かくしていくと

分子→原子→素粒子→→そこには「振動」しか残らないということから

すべては振動であり、その影響を受けている。

 

生命においても同様で

原点は「振動」によって生み出された個々の周波数をもつエネルギーで

このエネルギーをインドでは『プラナ』

古代中国では『気』と表現されます。

 

現代ではこの「振動」による生命のエネルギーを

様々な形で測定し活用していて

アメリカでも「祈り」のエネルギーが

実際にがん患者を治す実験も成功しています。

 

日本語にはたくさんの「気」や「波」を使った言葉があり

その存在を無意識に知っているユニークな民族にもかかわらず

研究は欧米のほうが盛んなようです。

  • 強気、弱気
  • 陽気、陰気
  • 病気
  • 浮気
  • 気分
  • 気功
  • 景気
  • 磁気
  • 波長同通
  • 電波
  • 低(高)周波治療
  • 音波
  • 量子波 etc・・・

 

光療法

一部の睡眠障害やうつ病に有効とされる治療法の一種で

生体リズムを整える効果があるとして

健康法の一種としても用いられることがある

 

高照度の光を浴びる治療法を

高照度光照射療法と呼ぶ場合もある

 

食事療法(食餌療法)

食事の量やバランス、また成分を調節することによって

病気の療養をはかったり

病気の臓器を守り健康管理をはかることで

糖尿病・腎臓病・高血圧などで行われる。

 

しかし、画一的にカロリーのみを制限する食事療法を行った場合

蛋白質摂取量が不足しサルコペニアのリスクを高める

と指摘されている

 

【補足】

食餌(療法)→英語では「Diet」と翻訳されるが

本来の意味は

『(病気を治す材料として見た)たべもの』

のことなので

太っているヒトがやせることだけではなく

やせているヒトが太ることも「Diet」になる。

 

現在一般的に使われている「ダイエット」とは

意味合いが違ってくるのでご注意を。

 

 

瞑想

心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること

心を静めて無心になること

目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと。

 

単に心身の静寂を取り戻すために行うような

比較的日常的なものから

絶対者をありありと体感したり

究極の智慧を得るようなものまで

広い範囲に用いられる。

 

現代ではヨガやマインドフルネスという分野が

確率されていて実際に取り組んでる方も

多く見受けられます。

 

5 まとめ

 

今回接触を避けるための治療法として

意外と知られていない分野の方法も

ご紹介しましたが

いかがだったでしょうか?

 

「接触」に不安を抱える方は

一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

信じるか信じないかは

あなた次第です。

 

【参考文献】

・世界に広がる「波動医学」 船瀬俊介 著

・ウィキペディア

 

6 編集後記

 

幼少期に本気(と書いて「マジ」)で

ドラゴンボールの「かめはめ波」を出すべく

「気」を溜めた経験があります。

 

「ハーーーーーーーーーーー・・・・・・・」

とか言いながら手首と手首を合わせ

(ご存知の方はイメージできるかと)

頃合いを見計らってから

「かーーーめーーーはーーーめーーー」

「波ーーーーーーーーーっ!!!!!」

と同時に両手を一気に前へ突き出す!

 

もしかしたら出ていたのかも知れませんが

当時の私には見えませんでした・・・

 

中年になり

さまざまな修行を経て

経験値を積んだ現在の八木なら

出せるかも知れないので

今度、リトライしてみます。

 

以上、ドラゴンボールの

天下一武道会出場に本気で憧れた

八木がお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です