痛みや麻痺がある方に有効な「脱健着患(だっけんちゃっかん)」とは

朝起きて着替える時や

お風呂から上がって着替える時に

服を着ようとして

「イテテテテッ!!」

なんて思いをしたことはありませんか?

 

特に肩まわりなんかが多いかも知れません。

 

今回はそんな方におすすめの着替え方法

「脱健着患(だっけんちゃっかん)」

という考え方をご紹介します。

脱健着患とは?

字の如くですが

  • 脱健=健康な側から脱ぐ
  • 着患=患部側から着る

これは痛い側や動きづらい側をあまり動かさず

痛くない側や動きやすい側から動かすことで

着替えをスムースに行なうことができます。

 

肩が痛くて上がらない方がついいつものクセで

痛い側から脱いでしまうと

「あ゛あ゛ーーーーーっ!!!」

なんてことになりかねないので

注意してくださいね。

このような方はぜひ!

  • 肩やひじを痛めている方
  • 下半身だとひざや股関節を痛めている方
  • 脳血管疾患などによる麻痺症状がある方
  • 骨折や捻挫などの外傷直後

避けてもらいたい服

  • タイトな服
  • 伸縮性に乏しい服
  • 頭から被るタイプの服

そして好ましいのはその逆で

前開きのものが楽かも知れません。

まとめ

  • 脱健=健康な側から脱ぐ
  • 着患=患部側から着る

これはなんともない時はなんとも思わないのですが

当事者になった時に

「そうだよねえ!」

と頷いてもらえます。

 

ぜひとも参考にしてみてください。

編集後記

最近は街を歩けば多くの方がマスクをしていて

ドラッグストアの開店前に大行列ができる始末ですが

「体温を上げる」

というのも大事な対処法かと思います。

 

暖かい服装をするというのはもちろんですが

生姜やにんにく、胡椒など

体温を上げるための食物を摂るというのも

おすすめです。

 

あのマスクの方は予防か風邪か花粉症かクイズに

ひとりハマっている八木でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です